社会インフラ業界ってどんな仕事?魅力ややりがいを語り尽くす!

皆さま、こんにちは。

千葉県船橋市を中心に、給排水設備工事や土木工事などを手掛けている古橋工業株式会社です。


社会インフラとは、私たちの生活や経済活動に必要不可欠な道路や鉄道、発電所、水道、ガス、通信などのインフラストラクチャー全般を指します。これらのインフラは、安定的な社会の維持に欠かせないものであり、社会基盤整備に携わる社会インフラ業界は、非常に重要な役割を担っています。本記事では、社会インフラ業界の魅力ややりがいについて語り尽くしていきます。


社会インフラ業界の仕事内容とは?

社会インフラ業界には、建設会社や設計事務所、維持管理会社など、様々な職種が存在します。具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。


建設


・道路、鉄道、空港、発電所、水道、ガス、通信など、社会インフラの建設に関わる仕事


・計画策定、現場調査、設計、施工、品質管理などを行う



維持管理


・安全性、耐久性、信頼性、経済性を維持するための維持管理を行う


・機器の点検・保守、定期的な点検・メンテナンス、修繕・補修などを行う



設計


・建設する社会インフラの設計を行う


・計画策定、構造設計、施工図面作成などを行う



社会インフラ業界の魅力とは?

社会インフラ業界には、以下のような魅力があります。


大きなやりがいがある

社会インフラ業界には、国民に必要とされる社会基盤整備に関わる仕事が多くあります。そのため、完成した社会インフラが、社会に大きなインパクトを与える場合があります。そのような場面で、自分が関わっていたことが誇らしく、やりがいに繋がります。


技術力が身につく

社会インフラ業界では、高度な技術力が求められるため、自分のスキルアップに繋がることが多いです。また、新しい技術の開発や導入に関わることもあり、常に最新の技術に触れることができます。


社会貢献ができる

社会インフラ業界は、社会基盤整備に携わるため、社会貢献度が高い職種のひとつです。自分の仕事が、国民の生活や経済活動に必要不可欠な役割を果たしていると認識できるため、やりがいを感じることができます。


多彩な職種がある

社会インフラ業界には、建設や維持管理、設計など、多彩な職種があります。自分が得意とする分野で、最適な職種を見つけることができるため、仕事に打ち込むことができます。


社会インフラ業界で働くためには?

社会インフラ業界に就職するためには、以下のようなステップが必要です。


①社会インフラ業界に関する知識を身につける

社会インフラ業界で活躍するためには、専門知識と社会人としての基本スキルに加えて、業界特有の強みを磨くことが重要です。


まず、各職種に必要な専門知識を習得しましょう。電気・通信・建設など、目指す職種に応じて必要な知識は異なりますが、大学での専門教育や専門資格の取得が役立ちます。



②学校や就職支援機関での情報収集


学校


キャリアセンター

キャリアセンターでは、社会インフラ業界に関する資料やパンフレットを用意している場合があります。また、業界説明会や講演会などのイベントも開催されています。


教授やゼミ指導教員

社会インフラ業界について詳しい教授やゼミ指導教員に相談するのも有効です。研究内容や人脈を通じて、業界の最新情報や内情を知ることができるでしょう。


OB・OG訪問

同じ大学出身で社会インフラ業界で働いているOB・OGを訪問し、話を聞くこともできます。実際の仕事内容やキャリアパスなどを詳しく知ることができます。


就職支援機関


就職イベント

就職支援機関が主催する就職イベントでは、社会インフラ業界の企業と直接会える機会があります。企業説明会や個別相談会などに参加することで、企業情報や仕事内容を詳しく知ることができます。


業界研究資料

就職支援機関では、社会インフラ業界に関する業界研究資料を用意している場合があります。業界の概要、主要企業、課題など、幅広い情報を収集できます。


キャリアカウンセラー

キャリアカウンセラーに相談することで、自分の興味や適性に合わせて、おすすめの企業や職種を紹介してもらえます。



③インターンシップや就職説明会への参加


インターンシップ

インターンシップに参加することで、実際の仕事内容や職場環境を肌で感じることができます。また、社員と交流することで、仕事に対するモチベーションやキャリアパスなども具体的にイメージできます。


就職説明会

就職説明会では、企業の事業内容や求人情報について詳しく知ることができます。また、企業説明会に参加することで、企業の雰囲気や社員の印象を掴むこともできます。



④応募書類の作成と面接対策


応募書類

応募書類では、自分のスキルや経験をアピールすることが重要です。履歴書や職務経歴書は、誤字脱字がないように丁寧に作成しましょう。また、志望動機書では、なぜ社会インフラ業界で働きたいのか、なぜその企業を選んだのかを明確に伝えられるようにしましょう。


面接

面接では、事前準備が重要です。企業や業界について調べ、想定される質問への回答を準備しておきましょう。また、基本的なマナーを守ることはもちろん、


⑤内定後、入社前の準備


入社前の準備は、社会人としてのスタートダッシュを切るために重要です。上記を参考に、しっかりと準備を進めましょう。


まとめ

社会インフラ業界は、私たちの生活や経済活動に欠かせない社会基盤を担っている業界です。そのため、やりがいや魅力が多くあります。社会貢献度が高く、高度な技術が必要な職種が多いため、自己成長につながることが期待できます。社会インフラ業界に興味を持っている人は、積極的に情報収集を行い、就職のチャンスをつかんでみてはいかがでしょうか。


古橋工業では,経験者・未経験者問わず施工管理職を募集しています。職場の改善に前向きに取り組んでいる企業なので,特に施工管理で働いた経験のない方や,以前の環境と合わなかった施工管理経験がある方に向いている職場になっています。


少しでも,ご興味あれば,お気軽にこちらからご連絡ください!


FAQ


Q1. 社会インフラ業界の仕事は難しいですか?


A1. 社会インフラ業界は、高度な技術が求められるため、やや難しいと言えますが、しっかりと研修を受けることで理解が進むため、問題ありません。


Q2. 社会インフラ業界での働き方はどうなっていますか?


A2. 社会インフラ業界は、建設現場での勤務が多く、長時間労働や休日出勤があることがありますが、事務職などもありますので、働き方は様々です。


Q3. 社会インフラ業界で働くためには、どのような能力が必要ですか?


A3. 社会インフラ業界での仕事に必要な能力としては、コミュニケーション能力や協調性、問題解決能力、忍耐力、決断力などが挙げられます。


Q4. 社会インフラ業界で働くには、どのような学歴が必要ですか?


A4. 社会インフラ業界には、様々な職種がありますが、基本的には大学卒業以上の学歴が求められることが多いです。


Q5. 社会インフラ業界の未来について教えてください。


A5. 人口減少や社会インフラの老朽化に伴い、社会インフラ業界は今後ますます重要性が高まると考えられています。新しい技術の導入や、海外展開など、様々な可能性がある業界です。


現在、古橋工業株式会社では、従業員を募集中です。


経験・未経験は問いません。充実の教育体制、資格取得支援など、成長できる環境を整えております。女性も多数活躍している職場で、あなたも地域に貢献していきませんか?