実践済み!施工管理の収入アップにつながる5つの方法

建設業界では、施工管理が大変重要な役割を果たしています。施工管理の仕事は、施工中の工程管理や品質管理、安全管理、コスト管理、スケジュール管理など、多岐にわたります。しかし、施工管理者が携わるプロジェクトは、利益率の低さが特徴的です。このため、施工管理者は収入アップの方法を模索する必要があります。

ここでは、私が実践したことで収入アップにつながった5つの方法をご紹介します。


1. 長期的な目線で仕事をする

仕事をするうえで、長期的な目線で考えることが大切です。施工現場での仕事は一時的なものではありません。現場を終えた後も、お客様との関係は長期的に続いていくことが多いので、施工管理者は現場だけでなく、その後のアフターケアにも目を向けることが大切です。


2. リピーターを増やす

前述のように、施工管理者は現場終了後もお客様との関係を長期的に維持していく必要があります。そのためには、お客様に満足していただける施工を心がけることが必要です。また、お客様に対してコミュニケーションを密にとることで、リピーターを増やすことができます。


3. コスト削減に取り組む

建設現場でのコスト管理は施工管理者にとって非常に重要です。施工現場でのコスト削減に取り組むことで、プロジェクトの利益率を向上させることができます。例えば、素材のロスを減らすためには、正確な計測や仕分けが必要です。また、資材の発注や納品のタイミングを把握することで、無駄な在庫を抑えることができます。


4. 技術の習得に取り組む

施工管理者は、時代の変化に対応するために、常に新しい技術を習得する必要があります。最新の施工技術を習得することで、より高品質な工事ができるようになり、顧客満足度を向上させることができます。


5. チームビルディングを行う

施工管理者は、施工現場の全体を統括する立場にあります。そのため、施工現場のスタッフとのコミュニケーションを密に取ることが必要です。施工現場での良好な人間関係を築くことで、仕事の効率化や品質向上につながります。


まとめ

施工管理者が収入アップにつながる方法について、5つの方法をご紹介しました。長期的な目線で仕事をすること、リピーターを増やすこと、コスト削減に取り組むこと、技術の習得に取り組むこと、チームビルディングを行うことが重要です。施工管理者は、これらの方法を実践することで、収入アップにつなげていくことができます。


5つのFAQ

1. 施工管理の仕事はどのような業務があるのでしょうか?

施工管理の仕事は、施工中の工程管理や品質管理、安全管理、コスト管理、スケジュール管理など、多岐にわたります。


2. 施工管理者はどのような人材が求められるのでしょうか?

施工管理者には、建築施工技術、コスト管理、スケジュール管理、マネジメントなどの能力が求められます。また、コミュニケーション能力も重要です。


3. 施工管理者はどのような収入を得ることができるのでしょうか?

施工管理者の収入は、プロジェクトによって異なりますが、平均的な年収は500万円前後とされています。


4. 施工管理者がコスト削減に取り組む際に考慮すべき点はありますか?

施工管理者がコスト削減に取り組む際には、品質や安全に影響が出ないように注意することが必要です。また、スケジュールに余裕をもたせることで、急ぎの発注や納品を避けることもできます。


5. 施工管理者はどのような場で技術の習得を行うことができるのでしょうか?

施工管理者は、建設業界のイベントや展示会などの場で最新の施工技術を知ることができます。また、各種団体が主催する研修会などに参加することも可能です。