施工管理の種類を紹介!どれが自分に合っているのかチェックしよう

施工現場での建設工事は、計画段階から始まり、設計、施工、検査、そして引き渡しまでの一連の流れを必要とします。建設現場には様々な専門職が関わり、その中でも重要な役割を担うのが施工管理者です。施工管理者は、建設工事において、工期や品質、安全性、コストなどを管理し、円滑な進行を確保する役割を持っています。本記事では、施工管理の種類を紹介し、自分に合った施工管理の選び方について解説します。


1. 一般施工管理

一般施工管理は、施工会社が施工管理者を選任する形態です。施工会社が独自の組織で管理する場合が多く、設計図や工事仕様書、積算書などを基に、工事現場を管理しています。施工管理者は、現場にいる職人とのやり取りや、進捗管理などを担当します。ただし、施工会社によって管理レベルが異なるため、工事現場の品質や進行管理に差が生じる場合があります。


2. 委託施工管理

委託施工管理は、第三者の施工管理会社が管理する形態です。建設主が委託する場合が多く、設計や積算、工事管理、安全管理、予算管理、コスト管理などを全て担当する場合があります。施工管理会社は、工事現場に常駐し、建設主や施工会社とのコミュニケーションを取りながら、工事を進めます。また、委託施工管理は、建設主が工事管理を委託するため、品質や管理レベルが高く、工事の責任を負うことができます。


3. 自主施工管理

自主施工管理は、建設主自らが施工管理を行う形態です。建設主が独自の組織で管理する場合が多く、自らの経験やノウハウを活用して、工事管理を行います。自主施工管理の場合は、委託施工管理に比べてコストを抑えることができますが、管理レベルや品質面で不安がある場合があります。


4. 一括施工管理

一括施工管理は、工事全体を一括して受注し、自社で管理する形態です。建設主から直接受注する場合が多く、全ての工事管理を自社の組織で行います。一括施工管理の場合は、工事品質の管理が容易になりますが、責任が大きくなるため、リスク管理が必要です。


5. コンストラクションマネジメント

コンストラクションマネジメントは、施工管理において全体的な計画や戦略を立て、それを実行するための施策を立てる形態です。建設主や施工会社と密接に連携し、全体最適を目指して、工事の品質、進捗、コスト管理を行います。コンストラクションマネジメントは、建設現場の管理レベルを高めることができますが、専門的な知識が必要であるため、施工管理者の資質が重要です。

以上、施工管理の種類を紹介しました。自分に合った施工管理の選び方は、工事の性質や規模、予算、スケジュール、人員などによって異なります。適切な施工管理を選ぶことで、工事の品質とスケジュール管理を効率的に行い、建設プロジェクトを成功させることができます。


5つのFAQs

Q1. 一般施工管理と委託施工管理の違いは何ですか?

一般施工管理は、施工会社が独自の組織で管理する形態であり、委託施工管理は、第三者の施工管理会社が管理する形態です。委託施工管理の方が、品質や管理レベルが高く、責任を負うことができます。


Q2. 自主施工管理の場合、どのようなリスクがありますか?

自主施工管理の場合、品質や管理レベル面で不安がある場合があります。また、予算の見積もりなどで失敗すると、コストが予想以上にかかってしまうリスクがあります。


Q3. 一括施工管理とは何ですか?

一括施工管理は、工事全体を一括して受注し、自社で管理する形態です。一括施工管理の場合は、工事品質の管理が容易になりますが、責任が大きくなるため、リスク管理が必要です。


Q4. コンストラクションマネジメントの特徴は何ですか?

コンストラクションマネジメントは、施工管理において全体的な計画や戦略を立て、それを実行するための施策を立てる形態です。専門的な知識が必要であり、建設現場の管理レベルを高めることができます。


Q5. 施工管理者に求められる資質は何ですか?

施工管理者には、コミュニケーション能力や問題解決能力、計画力、決断力、責任感、専門知識、経験などが求められます。また、安全管理に関する知識や技術も必要です。